メモ・単語帳アプリWordBookを「あとで調べる」に使っています

なんでもかんでもスマホですぐに調べられる時代。

わざわざ疑問点を記録しておいて「あとで調べる」ことは一見時代を逆行するような勉強法ですが、こんな利点があります。

  • 調べることによる脱線をしないため作業に集中できる
  • 暇な時にまとめて調べられるので時間を有効に使える
  • 調べるものを見渡して調べたいものや優先度の高いものから調べられる
  • 調べるまで時間が経過しているため自動的に復習になり記憶が定着しやすい
  • 何が分からなかったのか後から確認でき成長を感じられる

疑問点と調べた結果をセットで記録できるアプリを探したところ、WordBookが抜群の使い心地でした。

WordBook (メモ・単語帳)

WordBook (メモ・単語帳)

  • Yasuhiro Inami
  • 教育
  • ¥120

単語帳としても使えるアプリですが、私は「あとで調べる」に使っています。

▼一行ずつor左右に並べる、2段組or3段組といったレイアウトをブック(≒フォルダ)毎に設定可能。

f:id:aitatena:20141221000200j:plain

▼下スワイプでアイテムを新規作成したらダブルタップでセルを編集。編集画面ではフリックによるカーソル移動に対応。

f:id:aitatena:20141221000229j:plain

▼セルをタップで選択→アクションボタン→クイック検索*1の3タップ*2で速攻検索。Web上の検索はアプリ内ブラウザで完結。

f:id:aitatena:20141221000242j:plain

その他、Dropboxにワンタップでバックアップできたり、それをPCからWebアプリ上で閲覧・編集できたり、単語帳のような表示モードがあったりと、機能やギミックが盛り沢山です。

2段組み/3段組みが不要な方には1段組みで同様の機能を持つIdeaBookがあります。こちらはアイディアや思い付きの記録に使っています。

IdeaBook

IdeaBook

  • Yasuhiro Inami
  • 仕事効率化
  • ¥120

ずっと前から使ってたのに何故か紹介していなかったうもれアプリ。オススメです。

*1:URLスキームも使えるカスタム検索エンジンは5つまで登録可能。

*2:設定ボタン>単語リスト>『iOS辞書を使用』や『音声読み上げを使用』オフ時。

広告を非表示にする