読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連絡先や現在位置を入力できるiOS8便利キーボードXboard

無料セールをしていたのでポチっと。

Xboard - iOS8用の便利キーボード

Xboard - iOS8用の便利キーボード

  • Mishima Design
  • ユーティリティ
  • 無料


▼連絡先キーボード。姓/名/フリガナ/電話番号/メアドなど登録済みのデータを入力できます。
f:id:aitatena:20141122011919j:plain


▼現在位置キーボード。郵便番号付き現在位置やマップへのリンクなどを入力できます。
f:id:aitatena:20141122011929j:plain


▼ノートキーボード。アプリ本体で登録した定型文を入力できます。
f:id:aitatena:20141122011939j:plain


顔文字や手書きなどのキーボードが乱立する中、連絡先や現在位置に焦点を絞ったものは無かったので新鮮に感じました。

色々な視点から作られたキーボードがもっと増えると面白そうですね。

カスタマイズ性が高くURLスキーム起動まで出来てしまうiOS8カレンダーウィジェットSTCalendar

以前はカレンダーを通知センターに無理やり押し込んで表示するアプリでしたが、華麗にウィジェットに変身しました。

f:id:aitatena:20141104210913j:plain

STCalendar

STCalendar

  • Crazy Interactive
  • ユーティリティ
  • ¥100

文字の大きさ、行間、ヘッダのフォーマット、カレンダー予定日の色、背景色、1段組み/2段組み表示など多種多様な設定が簡単に指定できます。

f:id:aitatena:20141104211049j:plain

さらにウィジェットのタップや長押しなどに好きなURLスキームを指定して起動できるという願ったり叶ったりなアプリです。

f:id:aitatena:20141104211113j:plain

コンパクトかつ機能性に富んでおり、かなり理想形に近いカレンダーウィジェットかもしれません。

iOSメモアプリへコピペする時にサクッと書式クリアする

iOS8になりリッチテキストに加え写真も貼り付けられるようになった純正メモアプリ。

複雑な装飾が出来るに越したことはありませんが、色々な書式(太文字リンクなど)や表が邪魔になるときがあります。

▼左でなく右のように書式をクリアしてプレーンな状態でコピペを。
f:id:aitatena:20141031191628j:plain

解決策としてMyScriptsを使った方法がツイートされていました。


MyScripts LE

MyScripts LE

  • Takeyoshi Nakayama
  • 仕事効率化
  • 無料
MyScripts

MyScripts

  • Takeyoshi Nakayama
  • 仕事効率化
  • ¥400

MyScripts作者のunitkayさんに確認したところ、この方法できちんと書式クリアされているそうです。(昔確認したまま記事にするのを忘れていました^^;)

メモアプリだけでなくメールやEvernoteなどリッチテキストを扱う他のアプリでも有効です。

下のリンクからスクリプトをMyScriptsに保存します。

「書式クリア」をインポート

TEXT

使い方

書式をクリアしたい文をコピーした後、スクリプト一覧から保存したスクリプトをタップします。
f:id:aitatena:20141031191653j:plain

書式クリアされたテキストがコピーされるので、メモにペーストします。
f:id:aitatena:20141031191710j:plain

MyShortcutsのメモに超軽量かつ完全オフラインで使える絵文字ボタンを作る

選択肢は多いに越したことはない?

f:id:aitatena:20141017234057j:plain

MyShortcuts+Viewer

MyShortcuts+Viewer

  • Takeyoshi Nakayama
  • ユーティリティ
  • ¥100

作り方

まず以下のstyleタグをメモの中で好きなところに1つ書いておきます。

<style>
.emoji{
  -webkit-transform:scale(2.3); /*拡大率*/
  margin:18px; /*元の大きさからの余白*/
  display:inline-block;
}
</style>

▶︎MyShortcutsのメモに追加


あとはclassに"emoji"を指定したリンクを書くと大きくなります。

<a href="map:" class="emoji">🌏</a>
<a href="calshow:" class="emoji">📅</a>
<a href="prefs:root:" class="emoji">🔧</a>
<a href="x-apple-reminder://" class="emoji"></a>
<a href="myshortcuts:" class="emoji">⭐︎</a>
<a href="mobilenotes:" class="emoji">📒</a>
<a href="mailto:" class="emoji">✉️</a>
<a href="myshortcuts://?home" class="emoji">🔘</a>

▶︎MyShortcutsのメモに追加


絵文字を大きく表示するといえば、昔作った漢字も絵文字も大きく表示できるMyScriptsスクリプト「文字デカさん」がありましたので、ついでながら。
f:id:aitatena:20141018090913j:plain
▶︎MyScriptsに追加

MyScripts LE

MyScripts LE

  • Takeyoshi Nakayama
  • 仕事効率化
  • 無料
MyScripts

MyScripts

  • Takeyoshi Nakayama
  • 仕事効率化
  • ¥400

iOS8 SafariでDuckDuckGo検索するURLスキーム

iOS8からSafariに搭載されたプライバシー重視な検索エンジンDuckDuckGo(ダックダックゴー)
Safariで検索するURLスキームもひっそり対応していました。GoogleYahoo!、Bingに続き4つめのパスが判明したことになります。

"hoge"をSafari検索するURLスキーム:

参考元:iOSのSafariで検索サイトを使い分けするURLスキーム - W&R : Jazzと読書の日々

公式アプリもあり、こちらもURLスキームに対応しています。

DuckDuckGo Search & Stories

DuckDuckGo Search & Stories

iWappでMyShortcutsのメモにアプリアイコンと起動用URLスキームを一発登録する

この記事ではMyScriptsスクリプトiWappを使いMyShortcutsのメモへ、アイコンと起動用URLスキームを登録する方法について説明します。
f:id:aitatena:20141013161839j:plain

まずMyShortcutsのメモに次のようなstyleタグを追加します。余白やアイコンの大きさなどはご自由に調整して下さい。

<style>
/*iWapp追加アイテムレイアウト設定*/
a.iWapp{/*アイテム全体*/
  margin: 2px 2px; /*余白*/
  width: 50px;  /*幅*/
  display:inline-block;
}
img.iWapp{ /*アプリアイコン*/
  -webkit-border-radius: 10px; /*角丸の大きさ*/
  width: 100%;
}
div.iWapp{/*アプリ名*/
  font-size: 9px; /*文字サイズ 0pxで非表示*/
  white-space: nowrap;
  overflow: hidden;
  text-overflow: ellipsis;
  width: 100%;
  margin: 5px 0px;
  text-align: center;
  font-family: sans-serif;
}
</style>

▶︎MyShortcutsのメモに追加

次にMyScriptsをインストールします。10個までスクリプトを登録できる無料版でも大丈夫です。

MyScripts LE

MyScripts LE

  • Takeyoshi Nakayama
  • 仕事効率化
  • 無料
MyScripts

MyScripts

  • Takeyoshi Nakayama
  • 仕事効率化
  • ¥400
インストール後、iWappのページからインポートリンクを踏んで下さい。スクリプトがMyScriptsにインポートされるので保存します。

スクリプト一覧から保存したiWappを起動します。起動直後ダイアログが現れるのでアプリ名などを入力します。
f:id:aitatena:20141013161820j:plain

検索結果画面にはアプリ情報とともにURLスキームリストが現れます。URLスキームリストのデータはバックグラウンドでダウンロードされるので、現れない場合は何度か起動を繰り返して下さい。左上のセレクトメニューから追加先のランチャーであるMyShortcuts(memo)を選びます。
f:id:aitatena:20141013161911j:plain

追加したいアプリの名前またはURLスキームを選択します。確認ダイアログが現れるのでOKを押すとMyShortcutsに追加されます。ダイアログ上で登録するURLスキームの変更ができます。
f:id:aitatena:20141013162010j:plain

アイコンはdataスキームで書かれており、コードが長くなりますがオフラインでも読み込み可能です。
f:id:aitatena:20141013162139j:plain

追加したデータを修正する場合、URLスキームはブロックの一番上、アプリ名は一番下にあります。
f:id:aitatena:20141013162214j:plain

あとは検索と登録を繰り返すことで次々とアイテムを登録できます。

各種ランチャーアプリにアイコンと起動用URLスキームを一発登録するiWapp

iWappはランチャーアプリにアイコンと起動用URLスキームを一発登録するMyScriptsスクリプトです。
f:id:aitatena:20141013171830j:plain

MyScripts LE

MyScripts LE

  • Takeyoshi Nakayama
  • 仕事効率化
  • 無料
MyScripts

MyScripts

  • Takeyoshi Nakayama
  • 仕事効率化
  • ¥400

URLスキーム登録済みアプリが2014年10月12日現在7000件越え(URLスキームなしアプリ含む)、対応ランチャーアプリは次の11種です*1
aHomeIcon、Blaster、iWorkspace、Launch Center Pro、MyFind、MyMemo、MyShortcuts、MS2、Quicka、Quicka2、Seeq、Touch Icon Creator。最下部にApp Storeへのリンクあり。

使い方について、MyShortcutsのメモへの追加はこちらを、その他詳細については過去に書いたTumblrの記事をご覧下さい。

最新版はこちらからMyScriptsへインポートします。

version 公開日 更新内容
ver 3.1 14.10.28 MyMemo対応
ver 3.0 14.10.12 UIの軽量化、Quicka2対応、MyShortcuts(memo)対応

以下、対応アプリへのリンク(App Storeにあるもののみ)です。

Blaster

Blaster

  • Nobuo Saito
  • ユーティリティ
  • ¥200
iWorkspace

iWorkspace

  • Takeyoshi Nakayama
  • ユーティリティ
  • ¥300
Launch Center Pro

Launch Center Pro

  • Contrast
  • 仕事効率化
  • ¥500
MyFind - 大辞林/ウィズダム/Oxford

MyFind - 大辞林/ウィズダム/Oxford

  • Takeyoshi Nakayama
  • 辞書/辞典/その他
  • 無料
MyMemo - メモウィジェット

MyMemo - メモウィジェット

  • Takeyoshi Nakayama
  • ユーティリティ
  • ¥100
MyShortcuts+Viewer

MyShortcuts+Viewer

  • Takeyoshi Nakayama
  • ユーティリティ
  • ¥100
MS2

MS2

  • Takeyoshi Nakayama
  • ユーティリティ
  • ¥100
Quicka2 - 検索を快適に

Quicka2 - 検索を快適に

  • Koichiro OCHIISHI
  • 仕事効率化
  • ¥100
Seeq - 次世代検索ランチャー

Seeq - 次世代検索ランチャー

  • Yusuke Tsuji
  • 仕事効率化
  • ¥300

Seeq+ - 新世代検索ランチャー

Seeq+ - 新世代検索ランチャー

  • Yusuke Tsuji
  • 仕事効率化
  • ¥100

Touch Icon Creator

Touch Icon Creator

  • Makoto Setoh
  • ユーティリティ
  • ¥100

*1:Launch Center Proなどアイコンの設定が追加用URLスキームにない場合はアイコンは追加できません